創業90年の技術と信頼

パピレッタ製品に込めた想い

私たちパピレッタ(株式会社双本社印刷)は創業90年。

長年お客様を通じて学ばせていただいた事。それは、
一流の方ほど、つながりや出会い、感謝を大切にする心遣いや、より良い関係を築く工夫をされることでした。

お礼状やご挨拶を欠かさないお客様のために

パピレッタは、ビジネスやお付き合いを広げる特別な一枚をお誂えいたします。
熟練の活版印刷職人と経験豊富な専任デザイナーが紡ぎだす、あなただけの優美な一筆箋やレターセットで
心を結ぶ一助になりますよう、丹精こめてお作りします。

文字や柄がぎゅっと押された感じの独特の印刷方法、活版印刷。

パピレッタの活版印刷は、今どきの印刷の水準で考えると素朴ですが、流麗な欧文活字で刷られた部分を指で触れれば、プレスの跡(活版印刷の凹み)が感じられると思います。
そこに味わい深い飾り罫などのデザインが加わり、印象に残る独特の風合いが特徴のレターになっています。

昔の文庫本やアンティークのポストカードなどをご覧ください。文字が一つひとつ紙を凹ませている様に見えませんか?
それは、今では珍しい活字(一文字が出っ張った鉛製のハンコのような形状。↓活版名刺写真の下)の活版印刷物です。

海外の蚤の市やアンティークショップでは、活版印刷のパッケージ類やバーのコースター、書籍などが販売されており、とても人気があります。手書きのデザインや質感のある活版印刷の魅力にコレクターも多数。

豪華な本の装丁には活版印刷や箔押し印刷で仕上げられています。中ページは全て活版印刷です。

今から50年ほど前、印刷といえば活版印刷を指しました。
現在は写真の再現性が高く、微細な部分も鮮明なオフセット印刷に押され、手間のかかる活版印刷は主流からは外れてしまいました。
しかしその独特の存在感ゆえ、欧米の有名企業のレターヘッドや名刺や封筒に(ポルシェ、フェラーリ、ブルガリ、ツイッター等)採用され、イギリス王室や社交界では招待状やパーソナルなレターヘッドに愛されています。
最近は、活版印刷の懐かしく温もりを感じさせる風合いやエッジでプレスが効いた仕上がりに惹かれ、著名デザイナー達が活版印刷の技法を用いて様々な紙製品や広告物やDMなどを製作されています。

届いた瞬間に封を開きたくなる。

触れた時に上質が解る最高級レター紙を採用。その質感と紙肌は、しっかりと想いを包み、アナタの魅力を伝えるに相応しい佇まい。大切なお客様、キーパーソン、興味を持ってもらえる、読んでもらえる特別な手紙をお作りします。

書くのが楽しくなる。

書きやすさを一番に考案されたパピレッタオリジナル銘入れはがきやメッセージカードは、罫やレイアウトにも工夫がいっぱい。サッとひと言、ふた言がサマになる、走り書きが達筆に映える落ち着きのあるレイアウトを追求しました。
パピレッタオリジナル一筆箋、五行箋と六行箋は、程よい行間にて季節の挨拶(日頃のお礼など)+要件+結びの言葉が、簡潔に収まるよう何度もテストし、配置されています。



一筆箋をもっと気軽に使っていただけるように開発した五行箋や六行箋(柄や罫の型押しデザイン)は、スピーディに要点を伝えつつ、一言がもっと素敵に、丁寧に伝わります。
お祝い・お見舞い・お悔やみなどタイミングを逃さず、サッと書けます。

様々なシーンで使える。

印刷色と用紙の組み合わせで例えば、印刷色は「ナチュラルグレー」に、用紙を「さくらいろ」以外にされますと、真珠のアクセサリーのように慶弔を問わず、幅広くご使用になれます。

さりげなく配されたお名前がオシャレに印象深く。
ステキな気持ちを届けるお手伝いが出来れば嬉しいです。

パピレッタ 拝

パピレッタをシェアしてください